HEY!! HEY!! Maggie 2005年11月

テキーラサーキットが来るよ!

(2005-11-29)
12/4 千田わっしょい祭  13:20より、Galeと共にバンドで出演
12/4 Club Cream デビューライブにKitと出演

12月1日、広島にテキーラサーキットがクラブクリームで演奏しにやってきます。 CDを聴いたのですが、めちゃうまの方たちです。 ギターも歌もとにかくハーモニーも素晴らしい!  絶対、必見!  
チケット代は、3,500円、オープニングに広島で有名な、MIS(丸子さん、石澤さん、佐藤さん)が出ます。 贅沢ですよ~!
是非、是非、ご来場くださいませ!

肝心な、音楽の系統をお話するのを忘れてましたが、彼等は、イーグルスや、トムウェイツ、ビートルズなど、素晴らしい曲をいっぱいカバーして、また、それらをアコースティックで演奏します。 とにかく、素晴らしいです。
東京で活躍しているので、広島で聴けるなんて、本当に贅沢です。

スポンサーサイト


ニューオリンズ救済コンサートVo.4

(2005-11-28)
12/4 千田わっしょい祭 13:00ぐらいからGaleとバンドで出演
12/4 Club Cream デビューライブ  Kitと出演

昨日、ルーテル教会で多分、最後のニューオリンズ救済コンサートが行われました。  30人程の観客だったので、とても残念だったのです。 出演してくださったミュージシャンは、フルート四重奏のテイアンダさん、オペラのChadwickとピアニストの研井貴子さん、そして The Kings of Dixieland の皆さんでした。  みなさんとても素晴らしく、特に驚きは、フルートだけなのに、リズムがあり、とてもレベルの高さを感じました。 
とても、もったいない感じがあり、もっと、たくさんの人に来ていただきたかった、残念です。 これは、きっと私の宣伝の甘さだったに違いないと思うと、後悔ばかりが心に残ります。
貴子さんのピアノはとても美しかった。 Chadwickの歌はとても優しく、思いを感じました。 The Kigs of Dixielandの皆様は、時間が30分しかないなか、本当に無理をしてきていただき、思い荷物をもってセッティングをし、
本当に感謝しております。
でも、お客さんは少なかったけど、私はまた、ひとりで楽しんじゃいました。
良かった~。


日本語の歌

(2005-11-27)
11/27 New Orleans 救済コンサート ルーテル教会にて 15:00~
12/4 千田わっしょい祭り Galeとバンドで参加 13:00ぐらいから
12/4 Club Cream 開店ライブ Kitと参加 チケット¥1000

夕べ、某リフォーム会社のイベントでひでやんと出演しました。
例の日本語の歌を歌わなくてはいけない日でした。
みなさんのアドバイスのお陰で、”真夏の出来事”、”京都慕情”それと、”涙そうそう”それに、いつもの英語の曲を混ぜて歌いました。
お年を召された方も結構いっらっしゃって、とても楽しんでいただいたようでした。 私も、日本語の歌を初めてのお客さんの前で歌わしてもらいました。 私たちも、この歌いいじゃんなんて言いながら、楽しませてもらいました。
一期一会というのは、こういうことかな~と思い、人の出会いで、私が歌を歌わせてもらっていることに感謝しました。
その後、ひでやんと久しぶりにご飯を食べ、いつもの"Wind Fall"へ行ってきました。 おいしいコーヒーに、マスター推薦のCDを聞き、この間のJUDのDVDを見て、なごんで帰りました。  ひでやんが一緒に行ったことで、マスターのご機嫌のいいこと! ギタリストの話がずっと続いてました。  
また、Wind Fallのファンが増えたかな? 皆さん行ってみてください。
かなりマニアックですよ。 広島で唯一と言っても過言ではないと思います。



Scrappy & Walter

(2005-11-24)
12/4  千田わっしょい祭 多分1時ごろにGaleとバンドで参加です。
12/4 Club Cream の開店記念ライブにKitと参加。

夕べ、オースティンからScrappy Jud Newcomb と Walter Tragert というミュージシャンがカポネで演奏をしました。 私も3曲ほどお手伝いしたのですが、なんせ、CDでしかあわせたことがないので、判ってたことですが、彼等はステージでの歌い方は違い、私は戸惑いました。 おまけに最初の曲は、ほんの1分しか聞いてなく、リハのときにやる?と言われ、Scrappyのサインで歌いました。 言葉は少し、合わなかったのは、残念でしたが、彼等はとても褒めてくれました。 もう一度、一緒にできたらと思い、大阪まで追っかけようと思ったのですが、仕事があるので、諦めました。 
Galeもベースを彼等のCDだけを聴いて練習し、彼等が演奏しやすいように、CD通りに弾くと決め、リハに臨みました。  当然、やはりステージは違ったけど、そこはGale、Good Jobだったと思います。 ドラム無しで本当によく頑張りました。 
Judのギターは素晴らしかった。 本当に凄かった。 それと、Walterの歌!
絶品でした。 ソウルフルでとても良かった。 オースティン音楽は、ジャンルが決められないほど、いろんな感じがあります。 そして、シンプル。
ロックだったり、カントリーだったり、ソウルにおまけにハワイアン。
ブルージーな感じもあったり、とにかくバラエティ。 
私は、昔からなんですが、カントリーで言えば、スティ-ルギター、ブルースでいうと、スライドギターが大好きなのです。 あの音を聞くと、妙な興奮に似た気持が湧くのです。 Judのボトルネック奏法は、また違った感覚があって、なんともいえない、そそられる感覚っていうのか(語彙が乏しいのです)あ~良かった。

お誘いして来て下さった方々、いかがでしたでしょうか?
私ひとりが楽しんだようで、すみません。

私もJudのようにギターが弾けたらいいのですが、遥か遠いことのような気がして、生きている間は無理なような気がします。
歌、頑張ります!




パキスタン救済コンサート

(2005-11-21)
11/23 Jud Newcomb & Walter Tragert Japan Tour at Kapone
19:30~ 予約3,500円 当日4,000円
11/27 ニューオリンズ救済こんさーとVol.4 ルーテル教会にて
   無料 
12/4 千田わっしょい 13:00ぐらいから Galeとバンドで出演
12/4 Club Cream オープニングライブ 1,000円

夕べ、パキスタン救済コンサートをエルバルコで行いました。 宣伝が足りなかったのか、日曜日の夜だったせいか、客足が今ひとつで、ちょっと、残念でした。 なんといってもパキスタンの情報は少なく、今でも苦しんでいる人たちがいっぱいいます。 どうか、お近くにパキスタンへの募金箱があれば、是非、お金を入れてください。 お願いいたします。
Maggieオススメの”みゆきちゃんとTootsie" がエルバルコで初演奏でした。 夕べのみゆきちゃんの英語のスピーチも素晴らしかったけど、"I Feel Lucky"はシャウトしてました。 良かったです。 Tootsieのマイクの調子が悪く、残念でしたが、楽しかったのではないかと思います。
りえちゃんは、前回より、はるかによかった。 彼女のためにギターを弾きたい男性が3名いて、そのうち2名が夕べいましたから、2人とも、彼女のサポートをしてましたよ。 羨ましい限りですよ。 若くて美人で歌が上手いと周りもほっとかないよね~。 
私は、さっさと帰ろうと思ったのですが、最後に演奏することになり、ギターで歌いましたが、ぼちぼちでした。 でも、マック、ルーシー、みつやさんがきてくれて、嬉しかった反面、下手で申し訳なかったです。
4日は気合いれて頑張ります!
では、27日のニューオリンズ救済コンサートもよろしくお願いいたします。



千田わっしょい祭り

(2005-11-17)
11/20 パキスタン救済コンサート El Barco にて 19:00より
11/23 Jud Newcomb & Walter Tragert Japan Tour at Kapone
19:30より 予約3,500円 当日4,000円 (コーラスで参加)
11/27 ニューオリンズ救済ファイナルコンサート ルーテル教会にて
    15:00より
12/4 千田わっしょい祭り Galeとバンドで出演予定 多分13:00
12/4 "Club Cream" 開店ライブコンサート

今日は、千田わっしょい祭りについてお話します。
広島には、広島大学が千田町にあったのが、東広島へ移転し、活気がなくなるということで、千田町で老舗の漫画喫茶を営んでいた山根さんと学生の方たちがフリマを始め、月1回、日曜日に朝早くから行っています。 なんと、この12月で100回記念なのです。  すごいですよね。
最初は、少ない出店数が今では、だいたい200ブースを越える勢いです。
私と山根さんの出会いは、本通でGaleと二人でストリートライブをしていたころにさかのぼります。  私たちの演奏する音楽がとてもいいと気に入っていただき、それから、Galeが広島を離れるまで、だいたい毎月でてました。 なぜか晴れが多かったのですが、たまに時雨たときの寒さは今でも忘れません。  Galeが弾くギターも寒さで指がかじかみ、私は、よく、スカートをはいていたので、寒さもひとしおでした。
千田のフリマは、買い物する上でも楽しいし、暖かい春の日差しで演奏するのもいいものです。  今回100回を向かえ、いろいろな思い出がよみがえりますが、”おめでとう”とただただ、山根さんを始め、かかわってこられた皆さんにお伝えしたいです。
当日は、Galeが心意気で帰ってきて演奏をします。
寒いとは思いますが、暖かくして是非お越しください。




冬眠したい

(2005-11-16)
11/20 パキスタン救済コンサート at El Barco 7:00~
11/23 Jud Newcomb & Walter Tragert Japan tourにコーラスで参加
   at Kapone 7:30~ 予約\3,500 当日\4,000
11/27 ニューオリンズ救済コンサート ルーテル教会にて 15:00~
12/4 千田わっしょい祭  たぶん1時ごろ バンドでGaleと出演
12/4 "Club Cream"開店ライブ

私は、冬が大っ嫌い! 暑くても夏が好き。
冬は、本当に冬眠したい気持になる。 私は、ときどき熊に生まれてくればよかったのにと思う。 私の全神経、全血管は縮こまり、脂肪を溜め込もうとする。 あ~また、太りだすのだろうか? 何も食べず、ひたすら寝て春を待つなんて、サイコーに羨ましい。  ギターを練習するのも弦を触りたくないぐらい。 声も縮むよ~。
冬が始まったばかりなんて......。 早く!春よ来い!


Scrappy Jud Newcomb & Walter Tragert

(2005-11-15)
11/20 パキスタン救済コンサート El barco にて、7時ぐらいから
11/23 Scrappy Jud Newcomb & Walter Tragert tourにコーラスで参加
   場所 カポネ 時間 6:30open 7:30 start
料金 予約 \3,500 当日 \4,000
11/27 ニューオリンズ救済コンサート ルーテル教会にて 15:00から
   入場無料 (私の演奏はないですが、是非いらしてください)
12/4 Club Cream開店ライブ 


11月23日の祝日にオースティンから素晴らしいミュージシャンが来ます。
ジャド・ニューコムとウォルター・トラガード、ジャドは、腕利きのギタリスト、 イアン・マクレガンなど、多数のバンドに参加。 私の好みの声で渋いのです。 その彼とデュエットできるなんて、私は本当に幸せ者です。
今、独りで練習しているのですが、足をひっぱらないよう、頑張ります。
それと、ウォルターは、ロッカーですよ、コインではありません、ロッカーでソウルフルです。 彼の曲にもコーラスをつけます。 あ~楽しみ!
オースティンへ行って聴くのは大変お金がかかるので、是非、この機会にカポネへ足をお運びください。 




みなさん、ありがとう

(2005-11-14)
11/20 El Barco パキスタン救済コンサート
11/23 Kapone オースティンから来るミュージシャンのコンサートに友情出演します。 コーラスを2曲つけます。 7:30スタート \3,500/\4,000


11日の金曜日は、月1回定期で演奏しているK'sでのライブだった。
久しぶりのひでやん、そしてディーバのりえちゃん、3代目春駒小林一彦さん、まずは、ありがとうございました。 とても楽しかったです。
小林さんのオリジナル曲は、やはり盛り上がり、エネルギーを感じた。
私の好きな曲のひとつ、”夫婦蛸”は、彼によると、蛸は、とても夫婦愛に溢れているそうだ。 蛸の手というか、足でお互いにふれあい、さんざんイチャイチャしてから、オスがメスに自分の精子の入った袋を渡すそうだ。 その仕草がとても可愛く、映画のETの様子と似ていると彼が話してくれた。 その蛸をみて、彼が歌にし、聞いてるお客さんが喜ぶ姿をみて、嬉しく、私も彼のようなエネルギーを感じる歌をつくり、発表できたらと思った。

ひでやんは、ナッシュビルから帰って、本当に音楽を楽しそうに演奏している、何に対してもポジティブで、明るい。 いい感じ。
りえちゃんは、仕事が遅く終わり、急いで駆けつけてくれて、いきなり歌わしてしまい、申し訳なかった。 繊細ないい声と彼女の独特なフレーズがここちよい、しかし、今回は、少し、疲れていたように感じた。 演奏すると、その人の状態が出やすいのかもしれない。 でも、これは、身内だから分かる事かも。 同じステージは、2度と帰ってこないから、1回、1回を大切にして歌いたいものだ。 と思いつつ、私は、また、冒険をし、失敗してしまった。

次は、パキスタンの救済コンサート。 多分、7時ぐらいから、始まると思う。 外国人を中心にしたたくさんのミュージシャンが出るので、是非、たくさんの方に募金のお金をもって、来ていただきたい。




しめくくり、New Orleans 救済コンサート

(2005-11-10)
11/11 K's shot 9:00~ ゲスト: 三代目春駒小林一彦
                 ひでやん、りえちゃん
11/20 El barco パキスタン救済コンサート
11/27 ルーテル教会  New Orleans 救済コンサート

11月27日に広島のフジグランの近くのルーテル教会で最後(?)のニューオリンズ救済コンサートを行います。
時間は午後3時から、出演者は、フルート4重奏の”ティエンダ”
               オペラ歌手の ”Chadwick"
そしてトリを飾ってくださるのは、"The King of Dixieland"
是非、是非、お越しください。 みんなで、最後に歌いましょう!
"Oh, when the Saints go marchin' in, Oh when the Saints go marchin' in, Oh I want to be in that number, when the Saints go marchin' in!" Yei~!

最後は、やっぱり、ニューオリンズらしくです。
派手ないでたちできてくださいよ!


日本語の歌

(2005-11-08)
11/11 K's shot 9:00~ ゲスト: 三代目春駒小林一彦
                 ひでやん、りえちゃん
11/20 パキスタン救済コンサート El Barcoにて

11月26日に、リフォーム会社のパーティでひでやんと歌うことになった。
30分ぐらいと聞き、ささっと、6曲ほど決まって、主催者側からの希望で日本語の歌を1曲(涙そうそう)を入れてたのだが、もう2曲入れて欲しいといわれた。 普段、日本語の歌を歌わない私にとっては、今、どうしようかと悩んでます。  お客さんは、リフォーム対象の方たちで、お年は、きっと50歳以上、もしくは、60歳以上。  ちあきなおみが歌った「星影の小経」も考えたのだが、もっと楽しい歌はないのだろうか? どなたか、日本語の歌で、ギター1本で、難しくないコードの曲で、その年代層に受ける曲、しりませんか~? た・す・け・て~!


雨の中のフリマ

(2005-11-07)
11/11 K's shot にて 9:00より ゲスト 3代目春駒小林一彦
                    ひでやん、りえちゃん
11/20 パキスタン救済コンサート El Barcoにて

昨日の朝、フリマのボスの山根さんから電話で、1時間半以降には雨がやむので予定より30分から1時間遅れで演奏をして欲しいと要請を受け、雨の中、ホームスティに来た米国大学生のカイルを連れて行ってきた。
最初は、フラダンサーズ、雨の方は、朝よりも小雨でシャワーな感じ。 その中でフラの方たちは、いつもより増して、元気で明るいダンスを見せてくれた。
悪条件のなかだと、人間は開き直った感覚になるのか、その人の内面もでて、喋らない人までがしゃべり、とても良かった。
その後、友達のStuとPaulがビートルズをアコースティックで披露してくれた。 それから、私たちの出番、最初に私がギターと歌にKitのハープ。
次は、ひでやんとKitがブルースを演奏。 その間、カイルが踊りだし、それにつられ私とりえちゃんも、そしてフラのダンサーの方たちも皆が踊りだし、ブルースなのに、カントリーのステップで、ブルースなのに、サルサのステップで踊りまくった。 そして、その後、りえちゃんとひでやん。 そして、私とひでやん。 ひでやんは、長いこと演奏してたけど、楽しそうだったし、実際、私達も楽しかった。 雨というハプニングにも負けず、普段とは違った楽しみ方ができて、とても良かった。 なんというか、まったりとして、それでいて、妙な連帯感なんかあって、そのにいる人、みんな、仲間っていう感じだった。 前の日に次男の発表会を見に行き、次男の出来は、素晴らしかったが、それ以外のクラシックの演奏や、歌にも楽しむという、感覚はちょっとなかったので、不発弾をかかえたような、感覚があったが、昨日のステージには、楽しみの感覚がステージ全体に出てたような気がする。カイルも帰りたくないと言うし、あっという間の3時間だった。 

カイルは、イケメンの大学生、性格もとても良く、なんでもトライする本当にいい子。 12月もまた、泊まりにくると言って、京都へ帰っていった。
ビックリしたのは、うちの長男は、英語だめだと思ってたが、結構頑張ってしゃべってた。 私は、今回、日本語だけでいこうと思ってたのだが、とても難しく、つい英語でしゃべってしまった。 いかん、いかん。   
次は、彼が来た時は、ジャムセッションに連れていく予定だ。
楽しみ!


ステージの自分 パート2 & 息子

(2005-11-04)
11/6  千田わっしょい祭 11:00~
11/11 K's shot 9:00~ ゲスト 3代目春駒小林一彦
                 ひでやん、りえ、Kit

昨日は、つまらない日記だった。
ひとりがいいか、バンドがいいかなんて愚問だった。 大勢でやったほうが楽しいのに決まってる。 自分がやりたいと思うようにやればいいのに。
時々、考えてしまう。 そういう時は、練習するしかない。
ただ、ひたすら練習。 歌も上手くなりたい、こころに伝わる歌が歌いたい、と思う。 

私の次男が今、ストリートデビューをしようと練習している。
それがなぜか、平和公園の橋の下。 なんでなんだろう。
他にも練習できるところはいっぱいあるのに、反響のあるあの場所で、学校が終わると、いったん帰って、ギターを抱えて自転車に乗って、わざわざ行く。
だんだん、話をする時間もなくなり、朝、忙しい時に少し話しをするぐらいになっている。 今は、自分のことで精一杯の息子に対し、ただ見ているだけの母である。

今週の土曜日、彼の通うボイトレの発表会がある。  なんと、生徒数74人、凄いよね。 彼も1曲、最後から2番目に歌う。 とても楽しみだ。
なんせ、一回もまともに聴いたことがないのだから。
がんばれ、息子!


ステージの自分

(2005-11-03)
11/6 千田わっしょい祭り 11:00~
11/11 K's shot 9:00~ 今回は、あの3代目春駒小林一彦さん、
             ブルースのひでやんとディ-バのりえちゃん出演

今日は、久しぶりの千田わっしょい祭りへ参加させていただきました。
11時からの予定でしたが、少し雨が降り、30分遅れのスタートでした。
私は、今回、「男と女の愛の物語」と称し、曲を選曲したのですが、"恋におちたこと"があるか、ということで、お客さんが「わしゃ、ないで~」と返答してくださり、若い頃は、あったんじゃないですか、と聞くと、そばにおられた年配の女性が、「あった、あった」と回答。 私の緊張をほぐしてくださいました。 それにしても、ろれつがまわらないのは、何故だろう。
それに、私ときたら、絶対、上がってるように、見えないのです。
どんなに、心臓がドキドキして、言葉をいっぱい間違えても、緊張しているようには、見えないのです。 でも、ろれつが回ってない。 歌っているときもお客さんの表情とか、楽しんでいるか、とても気になるので、曲を変えることもしょっちゅう。 
Galeと一緒に演奏しているときは、しゃべらなくていいと言われてたし、曲も完成度の高いもので、私は、楽器を弾かなくて良かったので、楽でした。
でも、喧嘩はよくしてたよな~。
ひとりの舞台が、はたしていいのか、悪いのか、見当がつきません。
Maggieは、バンドとか、演奏してもらった方がいいのでしょうか?
誰か、正直に言ってくださる方いませんか?


マイナス思考

(2005-11-02)
11/3 千田わっしょい 11:00 a.m.~
11/6 千田わっしょい 11:00 a.m.~

車を運転しているとき、道路を歩く時、演奏をする前、または、練習のとき。
いろんな時、時々マイナス思考が出る。 マイナス思考は、自分だけが考えてるから、人には、迷惑かけないと思うと大間違い。 ほんの少しのマイナス思考が全ての態度に反映するのです。 
たとえば、自分が大したギタリストでないとと常々思っていると、与えられた課題もうまくいかなくなり、はては、練習ができなかったと理由をつけ、聴くことさえもあまりしてなかったりする。 ギターを弾いて欲しいと思ったのは、その人ができると信じているからで、実際、技量を持っている。 でも、自分は、いいギタリストでないといつも言う。 自分のことを知るのは、とてもたやすいことではないけど、自分が下手なギタリストなら、練習すればいい。 今は、下手かもしれないけど、絶対上手になると思えばいい。 与えられた、ステージを大事にし、最善をつくす、それが大事なことなのです。
と、いう私は、人のことはわかるのですが、イザ、自分になると、結構マイナスになるので、全てが態度に表れます。 周りにも、ちょっと影響がでます。
それを、今回は、勉強をしました。
分かってたはずだったけど、ただの”はず”でした。
成功者は、いつも前むき。 失敗しても、それは、失敗ではなく、間違ってたということを新たに知るためのものだそうです。
でも、経済的には、あまり失敗したくないよね。
借金は、いやだ。

どんなときでも、いつも感謝の”ありがとう”を口から出したり、思ったりすると、本当に変わることができると思います。
車を運転するとき、"00ck y00 a00h000!"とは、いいません。


プロフィール

maggie

Author:maggie
いろいろ歌ってきましたが、今はスウィングがしたい、オリジナルをもっと増やして歌いたいと思ってます。  

カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク