HEY!! HEY!! Maggie 2005年12月

今年も終わりますね~、改めて感謝。

(2005-12-31)
11/13 K's shot Maggie & Martha night 9:00p.m.~
11/13 Mac New Year's party

Wind Fall でみんなが集まって楽しい宴会をした。
私は、家でワインを2杯、そしてWind Fallで7杯も飲んでしまったのに、今日はとても元気、全然二日酔いなし! 眠たい以外は、なにも無い。
やっぱり、ウコンのお陰かな? 
でも、酔って、ギターを弾いてはいけない。 これ、サイテー。
ただでさえも酷いのに、酔ったときは、音さえまともに聞こえてない。
いくらパーティとはいえ、あまりサイテーの歌とギターは聴かすものではないと改めて思った。
友達のothersさんや、CHOKKENさん、Twangさん、みゆきご夫妻、別のみゆきさん、それにLucy、英国人のMaria、みつやさん、本当にありがとう。  
それに、昨日来れなかったたくさんの友達のみなさん、この一年、いろいろ支えてもらいました。 いい人たちに囲まれて私は、本当に幸せものです。 
また、音楽を教えてください。

来年こそは、まともにギターが弾けるよう、頑張ります。
でも、本当に向いてないわ
スポンサーサイト


友達に感謝、息子に憤怒

(2005-12-28)
1/13 K's shot Maggie & Martha night No charge 9:00p.m. start
1/13 Mac New Year's Party(I don't know what time)


今日は、ちょい、いやなことがあった。 さっそく、友達に愚痴をいい、すっきりさせた。 本当に友達はありがたい。

30日に別の友達と飲み会をすることになった。 いつも応援してくれる友達で、私のステージもだいたい来てくれて、厳しい事も嬉しい事も言ってくれる。 音楽を続けていく上で、自分がやりたいから、やるのだけど、人の支えもあるからできる。 そういうことでは、私は、子ども達にもとても感謝したい。 最近、次男にガールフレンドができ、ますますカッコウに磨きがかかり、時間も守らないので、文句を言ったのだが、外人のChrisに、しょうがないよ、お母さんが遅くなるんだから、と言われた。 だけど、いいたい!
アイツは、高2、まだ、未成年、しかも食べさせてもらっているのだ!
まだまだ、私の域に達するには、早すぎる!  修行せい!修行を!

成績が落ちてから、ほんま......。
男は、プライベートと仕事は両立させにゃ~、いかんぜよ。





迷い? 悩み? What the F?

(2005-12-26)
1/13 K's shot Maggie & Martha night No charge 9:00p.m. start
1/13 Mac New Year's Party(I don't know what time)


私の友達は、私が迷っているとき、すぐ分かる。 オーラのカラーが教えてくれるそうだ。 確かにそうだ。

夕べ、二-ル・カサ-ルという米国人でルシンダ・ウィリアムスや、シェリル・クロウのギターを努めたり、今、現在は、ライアン・アダムスのレコーディングを済ましたばかりのギタリストが広島のカポネにきて、演奏してくれた。 彼は、とてもナイーブで、繊細。 ステージのライトが明るいといい、暗くしてもらったり、歌の間に独り言をボソボソ言ったり、なんか、居心地悪そう。 でも、ギターは、素晴らしいテクがあるにもかかわらず、とてもシンプルで繊細、それに、素晴らしいリズム感を持ってる。 歌は、とてもハートがあって、映像が私の頭の中にでてくる。  とても良かった。
彼のステージの後、私とマリアが喋ってると、彼も入ってきて、いろんな話をしてくれた。 ステージで上手くいかないと、もう止めたといいながら、次のレコーディングを考えてたり、彼にとって、音楽もステージでの演奏も難解なものらしい。
彼はスタジオに入って演奏するのが大好きだそうだ。  あんなに弾けて、歌えてもそうなんだ、ちょっと驚いた。 Galeに彼の話をすると、リンダ・ロンシュタットでさえ、あまりの客の多さにビックリし、歌えないと言ったらしい。 ニールは、自分は、音楽の他になにもできないから、やめたいと思っても止める事ができない、と言ってたが、私は、一旦止めても、きっとすぐ始めるに違いないと言うと、確かにそうかもしれない、音楽は魔物みたいな所があると話した。 難しい人だと聞いていたが、とても気さくないい人だった。 慣れない日本でツアーをするのに、彼も精一杯がんばってるのだろう。
私が迷ったり、悩んでたりするのは、当り前のことのように思えた。
でもへんてこなことに、何を悩んで、迷っているのか、分からないのである。
これこそ、奇奇怪怪。
マギーよ、いったいあんたは何がやりたいん?
それが問題よ。


Mark's birthday party

(2005-12-25)
1/13 K's shot Maggie & Martha night No charge 9:00p.m. start
1/13 Mac New Year Party(I don't know what time)

Last night, I went to Mark Harrison's birthday party at Rakuza.
There weren't very many people. But one of great things were Mac and Sato-san there. When I sing "Bring it on home to me", they put harmony, that was so fun!. I was really appreciate. This is first time I sang at there, Ishizawa-san(he's also good musician and owner of Rakuza) offerd me to sing. So maybe I might play on Feb. with Miyuki and Tootsie.
After Rakuza, we went to "Wind Fall" to listen some music which are Maria's favoraite songs. Of course, Mitsuya-san(owner) has them. We talked, drank and listened. That was great night.

Mac gave me a oppotunity to sing for New Year's party. I also play at K's shot at the same night. I couldn't resist. It'll be busy night for me. I'll play bass again.

多分たくさん間違いがあるかも、でも、チェックしてくれてる友達のためにも英語で書きました。
マークの誕生日会は、とても楽しかったな~。 
人はあまり多くなかったけど、佐藤さんとマックも私の歌うときに参加してくれて、贅沢な夜でした。
その後、いつものウィンドフォールへ行ってマリアの好きな曲を聴いて、楽しく話し、飲み、あっという間の時間でした。
マリアって、すごくキレイでカワイイ人なのですよ。
お人形さんみたい! 


今年最後のライブ

(2005-12-23)
1/13 K's shot Maggie & Martha no charge 9:00p.m.~


昨日で、今年、最後のライブが終わった。 後は、Markの誕生日パーティーに行ってみんなと演奏するだけ。 
最後の割りに、出来は、いまひとつ。 Tootsieに申し訳なかった。 もっと、コミュニケーションをとり、彼のやりたい曲を事前に知っておくべきだった。ハーモニーをつけるのも、言葉がちゃんとしてないとできないし、音だっておそるおそるは、きちんとでないし、ったく、自分でも情けない。  こういうところが私のいい加減さよね。 後悔。
お客さんは、いつも私にライブに顔を出してくださる方が、雪の中でも遠くから来られてて、本当にありがたかった。  
後悔しても何も変わらないので、失敗を認識し、次回に同じことが繰り返されぬよう、心に刻み、来年の教訓とします。  ちょっと堅いかな?
これぐらいのほうがいいか!


Amazing Grace

(2005-12-21)
12/22 Appreciate Tootsieのお誘いで共演 10:00p.m.~ 約30分間


22日のアプリシエイトでの、ミニライブにクリスマス的な歌をと思い、"Amazing Grace"を練習しているのだが、歌詞にどうも抵抗がある。 全てではないが、ちょっと、無理がある。  私は、クリスチャンではないが、子供のころ、教会の日曜学校へ通ってた。 信者にもなろうとまで考えた時もあった。
聖書も持ってたし(今、何処へ行ったか分からない)、マリア像もあるし、今でも大事にしている。 教会へ行くことは、今はあまりないが、友達の結婚式とか、前回のようなイベントで行くと、結構、居心地はいい。 ただ、どうも、これがイチバン正しいと思っている人たちが、それを全面に押し出されると、不愉快になったりする。  
私がなぜ、この歌詞に抵抗感があるのか、考えてみると、人が作り、その人の考えに共感できないからだろう。(そんなことは、当り前か) 
ということで、私は、自分があまり共感できない部分は削除して歌うことにした。
私の中のイエス・キリストは、決して戦争を望まなかったし、あがめて欲しいと思ってもいなかったと思う。 彼の教えを人のフィルターを通すと変化する。 それは、なにも信仰の世界だけの出来事でもないと思う。 今、こうやって書いていることでさえ、人によって受取方が違うと思うから。
人と人とのコミュニケーションをとるときも、自分の意見や、人の意見をお互い100%理解するのは、難しいことだと思う。


断ることの難しさ、私の課題

(2005-12-20)
12/22 Appreciate Tootsieよりお誘いがあり共演 10:00p.m.~

この間、エルバルコであったクリスマスパーティのことに触れるのを忘れてました。 雪がわんさか降った日曜日の夜だったので、きっと人は来ないだろうと思ってたのに、何人かいた。 私の友達も来てくれて、しかも、内一人は、遠くまで帰らなければならないのだ。  本当にありがたかった。
それにしても、いまさらなのだが、どうも最近ジャムが多い。 Jamieは特に身内になると、ジャムをやりたがる。  ジャムもいろいろ勉強できていいのだが、なにぶんにも私は自分のギターがおぼつかないので、自分の音が聞こえないような音を出してくれると、非常に歌いにくいし、ギターも間違える。
前回も、前々回も酷かった。  人の前で歌うのがだんだん恥ずかしくなってくる。 ここは、少し、出るのを控えようかとも思うのだが、大好きなナターシャから言われると、すぐOKを出してしまう私。  だから「息子にお母さんは何でも引き受ける」と言われるのだ。 私も少し、Galeを見習って、音楽に厳しく、断ることもできる人になってみようかな? 難しいかな?


雪だ~、雪、雪!

(2005-12-19)
12/22 Appreciate Tootsieと共演  10:00 p.m.~ 約30分間


大雪! うちの長男(19歳)は、朝早く起き、まだ、誰も踏んでない雪を踏みにいろいろな所へ行き、写真を撮って帰った。 まったく、元気のいいことだ。
私もほんの何年か前は、雪が降ると嬉しかったのに、ここ最近ときたら、
嬉しいどころか、氷ついた道路で、こけて腕の骨や、足の骨をおるんじゃないかとか、寒さをなんとか凌ごうとたくさん着て、太ったんじゃないかと言われるのではないかと気を使ったり(実際、夕べ、言われました)、雪を見ると、どうもネガティブなことばかり思う。  年とったかな~?
雪のお陰で、ライブを見に行くのも路面電車に乗っていったのだが、普段乗りなれてないので、比治山下を通っていく電車が5番から出発するのを知らなくて、1番で待ってて、停まってよ~と態度で見送ったり、地下道を通って路面電車のホームにでようとしたら、降り口で、思わず線路や、ホームを乗り越えていこうとして、結局、柵をみなさんの前で越える勇気がなかったり、浦島太郎のような感覚だった。  自転車と車を使う生活に慣れてて、電車とか、バスとか、私にとっての非常手段をとる様を側で見ていたら、こっけいだったにちがいない!
Bud shopでの初ライブは、予想以上のお客さんで演奏者も楽しかったのではないかと思う。 来年の2月か3月は、私も頼まれているので、是非、頑張って演奏したい。 PAがなく、生音だけなのだが、とてもよかった。
何年か前、田舎の学校の裏山の森の中でライブをしたことがあるが、それもPAがなく、お客さんは、丸太に座り、ちょっと斜めの場所ではあったが、マイナスイオンがいっぱい出てて、妖精がとんでいるような気持になる、とてもいい場所だった。 そのとき、ハワイアンを歌ったのだが、森の空気に溶け込んでいたようないい感じだった。 人間、たまには、自然に帰った方がいいに決まってる。  雪もそのひとつのようだ。 だけど、今日は勘弁して~!
もういいよ!



Christmas party

(2005-12-17)
12/18 El Barco Christmas party 19:30~
12/22 Appreciate 22:00~


今日は、英会話スクールのクリスマスパーティーだった。
ここ最近は、この準備で忙しく、買い物もきちんとできず、朝のOJも買い忘れるぐらいだった。
幸いなことに、私個人だけで行っているわけではなく、私の友達の英会話スクールの中根先生と企画を立て、発表も行い、ランチもし、子供たちにとって楽しい日になるように、勤め、友達のあゆみちゃんにも手伝ってもらい、無事に終わることができた。
ショッピングゲームでは、子供たちは5ドルを持ち、2回のくじ引きとお菓子、ホットドッグ、ペストリーとフルーツの購入をした。
私の説明が足らなかったのか、子供のなかで、5ドル、全てくじに使い、
お金がないと言ってくるものがいたり、くじで好きなものがなかったから、1回でいいといったり、ペストリーとみかんがいらないといったり、
もう、いろいろ!  あゆみちゃんは、カンロ飴を好意で生徒に配ってくれたのだが、いらないと断る子もいたそうだ。 最近の子は贅沢になったもんだ、と、昔、私たちが年寄りに言われたことと同じことを話した。  中根さんは、今朝4時に就寝するほど、準備に追われてた。 特に、彼女は、ゴリエちゃんになり、生徒とノリノリで踊っていた。
英語とあまり関係がないように思われるが、歌があの、ベイシティローラーズの"Saturday night"なので、"S. A. T. U. R. D. A. Y"と歌いながら踊るのだから、彼女らが、中学になり、一週間の曜日を書くテストでは土曜日のつづりが完璧にかけるだろう。
私の生徒のうちの1グループは、ドラマをした。 ”風と太陽”,
台詞を私がつくり、MDに録音し、それを何べんも聞き、覚え、アックションを付け、何回か練習した。 練習の時は、もの凄いノリのよさで踊りまででくる様子だったのに、今日は、ちょっと、恥ずかしかったみたい。 だけど、デキはとても良かった。  本当にI'm proud of them.である。
大きな行事がひとつ済んだので、一安心。  だが、あと2回、別の教室で行う。 今度は、誰も手伝ってくれないので、がんばらねば!



お詫び

(2005-12-16)
12/18 El Barcoにて Christmas party 7:30 p.m.~
12/22 Appreciateにて Tootsieと共演 10:00 p.m.~

前回ぐらいにスケジュールでカウントダウンパーティーを行うことになっていましたが、相棒のGaleができなくなり、キャンセルすることになりました。
とても残念です。 
新年会を考えておりますので、是非、お越しください。



クレメンタインの30周年

(2005-12-13)
12/18 El Barco Sunday Barco Night 8:00p.m.~
12/22 Appreciate 10:00p.m.~
12/31 Kapone Countdown party with our friends 21:00~

明後日、15日木曜日は、クレメンタインの30周年。 マスターに結構、イベントやれと詰め寄ったのに、結局、通常営業で、店に来た知り合いにだけ連絡という形をとった。 マスター、店にどれだけ人が入るかしってるのかな~?
今年は、ジュゲムの35周年があり、キャラバンの10周年も盛大にもようされ、いい記念行事だったのに.....。
私ひとりが、少し不満気にしてるかもしれないが、今までかかわりのあったミュージシャンたちは、きっと喜んで手伝ってくれると思うのに、マスター年とったかな? ちょっと、寂しい。  もし、みゆきちゃんから聞かなかったら、私は15日に行ってないと思う。 そりゃないぜ、マスター。
私が歌を始めたきっかけを作ってくれたのマスターじゃん。今は、あまりカントリーは歌ってないけど、あの時があるから、今がある。 歌の道に引きずり込んでくれたマスター、感謝しているので、何かあるときには、声かけてよね。 


ちょっと、驚き、ちょっと嬉しい出来事

(2005-12-12)
12/18 El Barco Sunday Barco Night 8:00p.m.~
12/22 Appreciate 10:00p.m.~
12/31 Kapone Countdown party with our friends 21:00~


この間、友達のRamujiから、gethiroshima.comのClassifiedという広告欄で
"どなたか、歌手のMaggieを知らないか?"という問い合わせがあるよとメールで教えてもらった。  ハープ吹きのKitと一緒に演奏していた、という文章で、2回しか彼と一緒に演奏してないので、すぐ、西条の酒祭のことを思い出した。
とても気に入ってくれた人がいて、また、どこかで演奏するときは教えて欲しいと言われてた。  すぐメールをすると、返信があり、何回かKitに電話をしたらしいが、Kitも知らない人だったので、無視していたようだ。
どこの国の人だったか、覚えてないが、とても光栄だ。
なんせ、途中トイレへ駆け込んだステージで、酒の入ったお客さんだったので、受けたのではないかと思う。
それにしても、gethiroshimaで探してくれるなんて、ちょっと恥ずかしいところもある。
私のブログも、韓国の友達や、英語圏の友達もとりあえず、チェックしてくれているので、英語でも始めた方がいいかな~と思っている。
とりあえず、今年中は、毎日、仕事に追われる日々が続いているので、来年から書こう。

年末、”大事な友達や、家族と一緒に過ごそうカウントダウンパーティ”と称し、一品もちよりで、パーティをする。 当然、うちのバンド、ロケット88も演奏する。  とても楽しみ!  限定50名なので、すぐ埋まりそう。



私の大好きな"Far East Lounge"

(2005-12-11)
12/18 El Barcoにて  Sunday Barco Night 8:00p.m.から
12/22 Appreciateにて Tootsieと共演    10:00p.m.から


私の好きなグループで、"Far East Lounge"という、これまた憧れの三代目春駒小林一彦さんがボーカルとギター&ウクレレで、ベースは、あの梶山シュウさん、そしてパーカッションには、西日本1番といわれているツンさんで構成させてるバンド。 夕べは、スマトラタイガーで演奏だったので、元、彼等と一緒に歌ってたみゆき姫とともに行ってきました。 
彼の曲は、原爆にあった後、明るく、強く生きていった彼のお祖父さんを歌った、”その男ヨシオ”、愛している沖縄を料理の”てびち”を題材にして歌ったもの、とにかく、全て、いいのだ。 ポップ調があったり、ブルース調があったり、レゲエ調、ロック調は当然で、果てはハワイアン調まである。
3人のユニットも、シュウさんのメロディ楽器のようなベースと歯切れのいい、手抜きのない、ツンさんのパーカッションが、小林さんのソウルフルな歌声をサポートしつつ、相乗効果がでて、とても楽しそうなのである。
ほとんど練習をしたことがない彼等はなぜ、こんなにもタイトにできるのか。
それは、ひとえにそれぞれが人の音をよく聴いているからだ。 テンパらず、さりげない態度できちんと聴き、歌い手がどこにいきたいかを瞬時に察知し、動くのである。  本当に素晴らしい!
私のようにジャンルに節操がない人間にとって、小林さんの曲調は、私の目指す所である。 

しかし、いつになったら、あんなふうに出来るのだろうか。


地道な努力

(2005-12-10)
12/18 El Barco Sunday Barco Night 8:00p.m.~


夕べ、次男のライブを見に行った。 場所はCave-beというところで、
他のも4つぐらいバンドがでていた。 息子はデュオでアコーステック。
初めての舞台だが、友達も来て、それなりに盛り上がっていた。 話がお笑い系で、どうも、そこらへん私に似ているようだ。 息子の歌は、だいたい安定してるのに加え、よくギターを練習していた。 最初にしては、まあまあのデキではないかと思う。  
彼らの前に演奏した、鹿児島からツアーを組んで回っているバンドは結構良かった。全てオリジナルで、ボーカルが長渕剛みたいな感じ。意識しているかも。 演奏の後、アンケート用紙を配り、コメントを書いてもらっていたのが、なんか、若さと純粋さを感じ、おばさんのように心でエールを送った。  
その後、私のライブ。 いけると思った曲はガタガタ、練習の足りなさを痛感し、情けなかったが、2セットめは、1セットめよりは良かったと思う。 ドラムのたくちゃん、毎月顔を出してくれる織田さんもありがとう。 できると思って(こういうところがずうずうしい)、毎日の練習に手を抜くと、すぐボロがでるのがよ~く判った。
やはり、目に見えない努力、地道な積み重ねは本当に必要だ。
ギターを何処かへ習いにいこうか?

息子は、打ち上げと称し、なんと今朝6時に帰ってきた。 おいおい、お前はまだ未成年、他の大人と一緒と思うな!
こんなところまで、母に似てもらっては困るぞ! 

  


カルメンマキバンド

(2005-12-07)
12/9 K's shot Maggie & Martha 9:00p.m.スタート
12/18 El Barco Sunday Barco Night

この間のクリーム、自分の出番の後、帰ろうとしてたら、友達のクリスとマリアに会い、また、クリームへ行った。 ちょうど、知り合いのよーこちゃんがカルメンマキバンドで歌ってた。 彼女は、和製ブルースで歌ってたり、ジャズを歌ってたりするのだが、カルメンマキ、サイコー!  めちゃ上手いです。 カルメンマキになってた。 声もピッチも歌い方も入り込んでいて、良かった。 バンドはやかましかったけど、あれはきっとあれでいいんだろうと思う。(聴く人は、好きな人に限るけど)  よーこちゃんは、ロッカーだ。
どんどん、広島でも歌った方が絶対イイ!



楽しかった!

(2005-12-05)
12/9 K's shot Maggie & Martha 9:00p.m.~
12/18 El Barco Sunday Barco Night 8:00p.m.~
12/22 Appreciate Tootsieと出演 10:00p.m.~


金曜日から、相棒のGale Barchusが帰って、土曜日、日曜日とバンドで演奏した。 土曜日はカポネで演奏したけど、サウンドはあまり良くなかった。 私も歌えてなかったし、やっぱり、1ヶ月ぶりだと、なかなか上手くいかないものだ。 毎日の個人練習の必要性を感じた。 私の場合、個人で演奏することが多いので、バンドの曲を練習するのは、近くなってから。 歌の時間とギターと歌の時間を作って練習せねば。
次の日の千田わっしょい祭は、私達が着いたころから晴れ間がでて、演奏のときは、寒かったけど、とても気持ち良く歌えた。 多分、みんなもそうだったと思う。 お客さんも踊ってくれたりして、私も寒さを踊りでカバーし、汗をかくぐらいだった。 Galeとのバンドはとても楽しく両日できたと思う。
彼を駅まで送り、その後、Club Creamへギターを持っていった。
今回の曲は、なるべくKitが入りやすいと思い、次の通りの曲でいった。
1. Trouble Mind
2. Run Away (Bonnie Raitt version)
3. Blue Bayou
4. I lost it
5. Kitがアカペラで
6. Fever
7. Bring it on home to me

ギターは、いつものごとく間違いはあったが、お客さんからは喜んでもらえ、とても良かった。 ギターの名士が目の前に鎮座し、気持がナーバスにならなければと思ったが、ステージのライトであまり見えず、間違えたも落ち込まず、演奏できた。 その名士のひとりから、ギターが聴くたびに上手くなってると言われ、天にも昇る思いだった。  これからも頑張って弾くぞー!

忙しかったけど、充実した週末だった。


Club Cream part 2

(2005-12-02)
12/3 Kaponeにて 多分9時半ぐらいからバンドでライブします。
12/4 千田わっしょい祭 13:20よりバンドで出演
12/4 Club Cream デビューライブ  Kitとアコースティック演奏
12/9 K's shot にて Maggie & Martha
12/18 El Barco にて Sunday Barco Night

いや~、良かった! 歌もギターもサイコー! 
クラブクリームでの音もとっても良かった。  私は、お手伝いでバーカウンターの中に入り、作ったことのない簡単なカクテルをつくったり、水割り、ロック、ソフトドリンクに、ビールとめまぐるしく忙しい時間をすごしたのですが、音がいいのにビックリです。 4日にバンド演奏が聞けるので、それも楽しみです。 オーナーの栗林さんは、すでにナイトレースというお店を経営しているのですが、ミュージシャンでもあり、スティ-ビーレイなんか得意な、カッコいいシンガーです。 だから、料金も破格だし、音にこだわって作ったから、お客さんの声も大切に聞いてるし、なんといっても、いつも低姿勢。
何事も勉強と、なにか発見すると、勉強になったと言い、すぐ、行動に移すのです。 一緒に仕事してても、楽しかったです。
ミュージシャンなら、一度、クラブクリームでの演奏をオススメします。

ジュゲムのルーシー、いつも機会を与えてくれて、ありがとうございます。
4日、頑張ります。


Club Cream

(2005-12-01)
12/3 Kaponeにて、バンドで出演 No charge! 多分、午後9時半スタート
12/4 千田わっしょい祭り 13:20 バンドで参加
12/4 Club Cream のデビューライブにKitと参加 1000円
12/9 K\'s shot bar Maggie & Martha  No charge!
12/18 El Barco Barco night 1000円(1drink 含む)

夕べ、Kitと一緒にClub Creamへ下見に行ってきた。 とてもきれいな所で、サウンドマンの位置も最初から真ん中に島があり、後ろの席は、少しずつ高くなり、とても演奏者のことも、お客さんのことも考えたつくりになっていた。 栗林さん(オーナー)は、よく頑張られたな~と感心しました。 後は、使ってくれるミュージシャンや、イベンターがたくさんいると、いいな~と思う。 料金もいろいろ考えているので、いくつかバンドが集まってイベントすると、結構、ギャラも発生したりして、いいものができるのではないかと思う。

今日は、テキーラサーキットが、初Club Cream。
とても楽しみ!
4日は、私とKitがアコースティックで演奏。
上手いこといったらいいな~。






プロフィール

maggie

Author:maggie
いろいろ歌ってきましたが、今はスウィングがしたい、オリジナルをもっと増やして歌いたいと思ってます。  

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク