HEY!! HEY!! Maggie 雨の中のフリマ

雨の中のフリマ

(2005-11-07)
11/11 K's shot にて 9:00より ゲスト 3代目春駒小林一彦
                    ひでやん、りえちゃん
11/20 パキスタン救済コンサート El Barcoにて

昨日の朝、フリマのボスの山根さんから電話で、1時間半以降には雨がやむので予定より30分から1時間遅れで演奏をして欲しいと要請を受け、雨の中、ホームスティに来た米国大学生のカイルを連れて行ってきた。
最初は、フラダンサーズ、雨の方は、朝よりも小雨でシャワーな感じ。 その中でフラの方たちは、いつもより増して、元気で明るいダンスを見せてくれた。
悪条件のなかだと、人間は開き直った感覚になるのか、その人の内面もでて、喋らない人までがしゃべり、とても良かった。
その後、友達のStuとPaulがビートルズをアコースティックで披露してくれた。 それから、私たちの出番、最初に私がギターと歌にKitのハープ。
次は、ひでやんとKitがブルースを演奏。 その間、カイルが踊りだし、それにつられ私とりえちゃんも、そしてフラのダンサーの方たちも皆が踊りだし、ブルースなのに、カントリーのステップで、ブルースなのに、サルサのステップで踊りまくった。 そして、その後、りえちゃんとひでやん。 そして、私とひでやん。 ひでやんは、長いこと演奏してたけど、楽しそうだったし、実際、私達も楽しかった。 雨というハプニングにも負けず、普段とは違った楽しみ方ができて、とても良かった。 なんというか、まったりとして、それでいて、妙な連帯感なんかあって、そのにいる人、みんな、仲間っていう感じだった。 前の日に次男の発表会を見に行き、次男の出来は、素晴らしかったが、それ以外のクラシックの演奏や、歌にも楽しむという、感覚はちょっとなかったので、不発弾をかかえたような、感覚があったが、昨日のステージには、楽しみの感覚がステージ全体に出てたような気がする。カイルも帰りたくないと言うし、あっという間の3時間だった。 

カイルは、イケメンの大学生、性格もとても良く、なんでもトライする本当にいい子。 12月もまた、泊まりにくると言って、京都へ帰っていった。
ビックリしたのは、うちの長男は、英語だめだと思ってたが、結構頑張ってしゃべってた。 私は、今回、日本語だけでいこうと思ってたのだが、とても難しく、つい英語でしゃべってしまった。 いかん、いかん。   
次は、彼が来た時は、ジャムセッションに連れていく予定だ。
楽しみ!
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

6日フリマ&LIVEだったのね~~~v-239
まーた、あのおっさんは教えてくんないしv-40むかつくわ!キー

ゆきちゃん、

なんでなんかね? あの人、あまりたくさんのことを考えられないんじゃないんかね。
その後、仕事へ行かれました。
プロフィール

maggie

Author:maggie
いろいろ歌ってきましたが、今はスウィングがしたい、オリジナルをもっと増やして歌いたいと思ってます。  

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク