HEY!! HEY!! Maggie Scrappy & Walter

Scrappy & Walter

(2005-11-24)
12/4  千田わっしょい祭 多分1時ごろにGaleとバンドで参加です。
12/4 Club Cream の開店記念ライブにKitと参加。

夕べ、オースティンからScrappy Jud Newcomb と Walter Tragert というミュージシャンがカポネで演奏をしました。 私も3曲ほどお手伝いしたのですが、なんせ、CDでしかあわせたことがないので、判ってたことですが、彼等はステージでの歌い方は違い、私は戸惑いました。 おまけに最初の曲は、ほんの1分しか聞いてなく、リハのときにやる?と言われ、Scrappyのサインで歌いました。 言葉は少し、合わなかったのは、残念でしたが、彼等はとても褒めてくれました。 もう一度、一緒にできたらと思い、大阪まで追っかけようと思ったのですが、仕事があるので、諦めました。 
Galeもベースを彼等のCDだけを聴いて練習し、彼等が演奏しやすいように、CD通りに弾くと決め、リハに臨みました。  当然、やはりステージは違ったけど、そこはGale、Good Jobだったと思います。 ドラム無しで本当によく頑張りました。 
Judのギターは素晴らしかった。 本当に凄かった。 それと、Walterの歌!
絶品でした。 ソウルフルでとても良かった。 オースティン音楽は、ジャンルが決められないほど、いろんな感じがあります。 そして、シンプル。
ロックだったり、カントリーだったり、ソウルにおまけにハワイアン。
ブルージーな感じもあったり、とにかくバラエティ。 
私は、昔からなんですが、カントリーで言えば、スティ-ルギター、ブルースでいうと、スライドギターが大好きなのです。 あの音を聞くと、妙な興奮に似た気持が湧くのです。 Judのボトルネック奏法は、また違った感覚があって、なんともいえない、そそられる感覚っていうのか(語彙が乏しいのです)あ~良かった。

お誘いして来て下さった方々、いかがでしたでしょうか?
私ひとりが楽しんだようで、すみません。

私もJudのようにギターが弾けたらいいのですが、遥か遠いことのような気がして、生きている間は無理なような気がします。
歌、頑張ります!


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

初めて、お邪魔します(^ ^)
先日は、私のブログに来てくださってありがとうございました。
ボーカルやってらっしゃるんですかぁ?!
すごい!!
私も、ライブは大好き!
あの小屋の中のミュージシャン、観客の一体感が好きなんです。
特に、JAZZ LIVEが好きです~。
私の顔の方は、なんとかなって来つつあります。
ご心配いただいて本当にありがとうございました♪
プロフィール

maggie

Author:maggie
いろいろ歌ってきましたが、今はスウィングがしたい、オリジナルをもっと増やして歌いたいと思ってます。  

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク